女性デー2010は閉幕いたしました。

3月6日、「女性デー2010」は無事閉幕いたしました。

みなさまのご来場ご出展、心から御礼申し上げます。

ありがとうございました。

※「女性デー2010」の様子はコチラからご覧いただけます。(注:音が出ます)

スペシャルゲスト
福島みずほ(少子化・男女共同参画担当大臣)

3月6日(土)10:30~11:00

基調講演「多様な女性の生き方を応援するメッセージ」

女性デー2010によせて

いのちを育む女性だから、わかること。女性と女性が力をあわせてできること。そんな発見と創造の場をつくりたい。女性と女性がつながることで、豊かな未来を考える機会を持つことが、わたしたちの「女性デー」です。

国連が1975年(国際婦人年)に定めた「国際女性デー」は、女性に対する差別撤廃や社会開発等への平等参加、環境整備に貢献することを目的としていました。しかし、近年では政治色は薄れ、「女性に感謝する日」として花を贈る記念日となり、イタリアではミモザ、ロシアではチューリップを贈ります。

日本でも女性を讃え、「女性に花を贈る日」になるよう願いを込めて、季節のお花(新潟産のチューリップ)で会場を飾ります。

開催テーマ

  • 元気な女性たち〜健康、リフレッシュ!
  • ライフサイクルとキャリアデザイン、ワークライフバランス、女性の起業、都市と地域の連携
  • 各方面でご活躍のスペシャリストによるセミナー&プレゼンテーション

団体概要

「女性デー2010」実行委員会は、「女性デー2010」を、女性と仕事の未来館と共催で開催する為に集まったボランティア女性有志で結成されています。
  • ヴィジョン:「いのちを育む女性だから、わかること。女性と女性が力をあわせてできること。そんな発見と創造の場をつくりたい。女性と女性がつながることで、豊かな未来を考える機会を持つこと」
  • 「女性デー2010」実行委員会は、特定の個人の下に集まった団体ではなく、上記のビジョンで繋がった仲間です。

リンク用バナーのご提供

リンク用バナーを用意いたしましたので、ダウンロードしてお使いください。

リンク先は、http://www.joseiday.com/としてください。

バナー88×31ピクセル

バナー120×60ピクセル